忍者ブログ
レッスン日記とか、スケートだったり、食べ物だったり・・・。
2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12 
プル様引退…。
競技は出なくても、滑ってほしいと思うのですが、コーチ業に専念ですかね…。
今までの軌跡を観ようと思ったけど寂しくてみれませんでした。
 
プル様引退のNEWSを聴いた直後にかかってきた友人からの電話も正直ショックでした…。
ネットの代理購入のお願いで最終的にはシステム的に無理だったので、
お断りの方向でかたついたのですが、
 
もし商品が間違いだったら金銭トラブルに発展しそうなお願いで(一度トラブったのです。)
しかも今回はトラブルだと寝込みそうな金額で(万単位…。)

正直、金額のやりとりは友人を無くしてしまう恐れがあると私は考えるのですが、
そういう考えは友人にはなくて、とにかくその商品を手に入れたい一心…。
今回はその商品に心奪われたか…と思ったのです。

その電話を切った後、思ったのですが、
私もプル様に心奪われて非常識になっていた時期があるな…と。
自分の経済をマイナスにした時期もあったり、プル様が勝てないスケートなんて…と思った時期もありました…。陰謀系に陥ることもありました。
愛というより執着だったのかも…と思いました…。

周りが見えなくなる執着に打ち勝つにはどうしたらよいか…。
他の人を踏み台にしたり押しぬけて得たものに価値はないのかも…ですね。
友人よ…。私を利用して執着するものを手に入れようとするな…。






 
PR
わりとお茶の間で、衣装について言ってますが、
今回は男女とももう衣装はそっちのけで、このジャンプすごい…とか言ってます…。

この大会のためにどの選手も身体作ってきてすごい…と思いました。
  
もうどの選手も素晴らしくて、
いい試合見せてくれてありがとうと言いたいです。

バレエ初心者の時に、腕を背中にまわして組むというストレッチが組み込まれていて、
組めないし左右の差がはげしくて楽しいけど苦しかったです…。

 
今回ポゴリラヤ選手のSPの時で、
荒川さんがポゴ選手の腕の可動域が広いので長く見える的なこと言ってましたよね。
まりんちゃんにも言っていたのを思い出します…。
まりんちゃんの場合は二の腕も細くて余計長くみえます…。
荒川さんも二の腕細くて、可動域広いのでは…?と思うけどどうでしょう…?


どちらかが満たしていると長く見えるということです…。
二の腕細くする…。
腕の可動域を広くする…。
どちらが可能だろうか…。
どちらも私には無いので…どちらが容易なのですかね?
どちらも…厳しいか。
でもこれから腕を組むのと二の腕細くなるストレッチを組み込もうと思います。
 

NEWSを観てたら羽生君が表現について語ってました…。
例えばジャッジに向かって何かしゃべることもなにかを表現している…と言っておった気がします。舞踊やスケート以前の根源的な表現についての考えで、とっても興味深かったです…。

歌うことも表現…。
絵を描くことも表現…。

私なんかは音楽に合わせることばかり考えがちだけど、
羽生君、世界にはいろいろな表現があふれていて、
自分はその中のスケートで表現しているという意識なのかな…と思ってみたり…。

いずれ講演会とかあったら聴きたい…。
すごくお話してくれそうな気がします…。3時間ぶっつづけとか。


バーでのグランプリエの時、
きちんと床を踏んでいるか…。

特に親指の付け根で床を感じているかと言ったら、
親指の付け根で床を押さえていない気がします。
なぜ離れてしまうか…。この理由は膝を横にして開こうと思うと、
それに連動してか足裏が逃げてしまう気がします…。


親指の付け根、小指の付け根、踵の3点で床を押した状態でプリエをこころがけていくと、
開けないですが、より負荷というか、正しいプリエの方向なのでは・・・と思うのです…。

もっと意識したバーをしていかなきゃと思いました…。

脚の1番ポジションがバーでもセンターでも鏡でみて、
開いてないよね…とショックを受けるぐらいに開いてないです…。
今さらなんですけど、
ふとセンターで鏡を観ると6番ぼんやり…みたいな感じです…。
でも足先ばかり1番つくってもセンターで動けないのですよ…。

そして何度も言いますが骨盤から生える私の脚は前のほうに生えてる感じがするのです…。
お尻しめて脚の付け根回して全てを総動員しないとアンドゥオール1番にならない…。

アンドゥオールっていろいろな身体の部位を感じれるようになったらできるんですかね…。
遠い道のりだけど、昨日の1番ポジションより今日の1番ポジと思って意識するようにします。



スターウォーズよりスタートレック派のような気がします…。

というわけで映画「イントゥ・ザ・ダークネス」観ました…。
面白かった…。
カンバービッチかっこよい…。迫力がある俳優さんですよね…。
「シャーロック」の続編が観たくて寂しいですが、
私の好きなシリーズで彼の姿が観られるのがうれしいです。

あと若いカーク船長とスポックの掛け合いというか友情も、
観てて幸せな気分になります。
音楽もワクワクする音楽だしエンタープライズの型も良いです…。

宇宙・・・最後のフロンティア・・・も、ときめく言葉です。

スタートレックを観たら「ラスト・シップ」が観たくなった…。
カーク船長とチャンドラー船長。
共通点というか、重なる部分感じます…。
前も書いたけど…。
女子のみ生でしたね…。
残念ながら寝込んでましたので録画での視聴になりました…。

白岩選手の「悲しみのクラウン」。
白岩選手の柔らかい優しい感じがとてもこの曲にマッチしてよいです…。
幸せな気持ちになりました。


イム選手
足長い…。全て細いのでビールマンの形になった時、フォルムがキレイですよね…。

まりんちゃん
腕のラインが美しいですよね…。
ジャンプの着氷した姿勢がもうただ美しい…。


坂本選手
ジャンプが気持ちいいです。
足にバネが入っているのだろうか…。

ザギトワ選手
音楽にいろいろあっていて見応えある気がします…。
ステップやルッツのジャンプなど音にあっていていい!と思いました。
結局音に合うと、後半にジャンプを持っていくと…ぶつぶつという私の意見が
どうでも良くなりましたよ。

世界選手権前にいい試合観ることができてよかったです…。

(追記)
露のポリーナ選手が美しいけどジャンプの調子が悪そうでショックでした。
来シーズンは復活した彼女を絶対みたいです・・・。

東北の震災からもう6年も経ってしまいました…。
あの時も私はレッスンに行ってました…。
海岸線の道を通っていたので、津波注意の車が走っていたのを今でも覚えています…。

少しづつレッスン事情も変わり、
その道を通ることもなくなりました…。
遠くてもセンター止まっても大人のお荷物さんになっても、
その先生のレッスンを受けたい…と思う教室でした…。
なので毎年、この時期になるとその教室を思い出します…。
私の宝物です…。

先週は家族に一人インフル患者が出て、
菌、移ったかも…と思いドキドキしてお医者に行ったのですが、
セーフでただの風邪でした…。

レッスン・・・。
インフルじゃないしマスク姿なら・・・と思ったけど、
休みました…。
風邪でもうつるし、途中でついていけなくなることを考えたら、
休みことも大事ですよね…。
月のレッスン回数・・・どんどん減っていてます…。
回数じゃなくて質と思う気持ちもあるけど、
やはり回数いくとセンターが覚えることができます。

来月は春だしレッスン強化月間にしようと勝手に決めました…。

カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 3 4
6 8 9 10 11
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[10/16 kazu]
[12/08 kazu(ブログ人)]
[12/08 ozakazu(ブログ人)]
[11/23 lulu]
[02/12 ozakazu(ブログ人)]
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
KAZU
年齢:
12
性別:
女性
誕生日:
2005/06/12
職業:
ぼんやり事務員
趣味:
バレエ
自己紹介:
20代後半からバレエをはじめてはや数年・・・。いつからはじめたか忘れてしまいました・・・・。凹んだり、勘違いしたり、調子にのってしまったりの日々を記録している日記です。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
"KAZU" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]