忍者ブログ
レッスン日記とか、スケートだったり、食べ物だったり・・・。 バレエ用語スケート用語間違っていること多々。
1  2  3  4  5  6  7  8 
前の日記消しました…。
花粉症でまいっていたのか気分が落ち込み気味でした…。
いつもより何が言いたいのか分からなかった…。

そして単細胞的ですが、いつも音楽ってすごい。バレエやスケートってすごい…。
ダンサーやアスリートすごい…という思いで溢れていたいです。

あと最近、私のことが嫌いだとか苦手な人に対しては、
私のことを除外しても、
また私みたいな人があなたの前に現れると思う…と思うようにしてます。
それは自分にも言えることですしね。
そんなに簡単に嫌いや苦手を作らないようにしよう…と思ってます。

嫌い嫌いというのも表現ですが私にはその表現で、
文章も書けないですね…。
というわけでこの話題はおしまいです。
PR
 
これはポアントでのエシャッペですよね…。
踵部分がバレエシューズにもみえる…。
子供からバレエの人の中にはバレエシューズでも立てる人いると思う…。

レッスン前のストレッチ・・・。
なんかロックがかかったみたいに調子の悪い腰と内ももが伸びなくて残念ですが、
レッスン楽しいです…。

結局不調になったのも柔軟が少し前進したと調子づいて間違ったところを使って、
無理に脚を上げて、
やらかしてしまったことなのですよね…。
今は無理やり高くあげるのではなくて、
低くても真っ直ぐ脚を意識したり、タンデュの延長線上に脚を伸ばしていく…だったり、
軸足を強く…に重点をおいてレッスンしています…。

あとアンドゥオール・・・。
骨盤開くを意識できないので、デリエールにタンデュした時に、
つま先で床を確認するのです…。
この時軸足は強くです…。
(例)
 
↑Wearmoreのバレエ娘さんたち…。

そうするとアンドゥオール・・・。
鏡に甲が写っているかも…しれない。

不調でも少し気づきがあったのでそれがうれしくて、
もっとレッスン受けたいというのがここ最近の私なのです…。
次のレッスンが楽しみです。

ファンタジーオンアイス
今年はまさしく争奪戦すごい気がします…。
羽生君がけっこうな確率でinするショーなのですが、
私の行ける範囲内のチケット金額が軒並み値が上がっているのですよね…。
まぁ物価上昇の流れをくんでいるのかもしれませんが、
このチケット代をみると、今回のOPのメダリストを呼ぶだろうと思うわけです…。
・・・というわけで羽生君がinしなくても相当豪華になるはずです…。
でもinすればすごかろうね…。

あと夏に世界バレエフェスティバルがあります。
これも行きたいと思ってます…。

お金ためなきゃ…。


羽生君のOPのFPの最初の4Sを観て思ったのは、
これだけのジャンプを作り上げるにはまさしく身を削って作り上げてると思いました…。
邪魔なものをそぎ落としていかなきゃ回転なんてきびしいと思うのです。

自分でバレエやスケート滑っていて思うのです・・・
やっぱりいろいろと贅肉が邪魔でインナーマッスルが弱いのでもう全てよれよれなのです…。
ピルエットにしろスピンにしろ・・・。
まぁ大人からじゃ仕方ないと思うのですが…。


OPで優勝した状態をあと4年保て・・・と私は言えないし、
右足不調のまま今年の世権に出て枠取ってきてね…も、これこそ言えない…。
(宇野君がおりますので大丈夫でしょう…。)

あとインタビューで技術の上に芸術があるってコメントが痺れました…。
これはダンサーやピアニストや芸術家も頷いたのではと妄想します…。
デッサンの話とか分かりやすい…。

でもこの技術でもっといろいろなプロを観たかったという思いも正直言うとあります…。
ロミジュリのカーテンコールの時に、
プロポーズがニュースになっておりました!
なんとロマンチックな・・・。
ロミジュリは悲劇だけどカーテンコールではハッピーですね・・・。

ノヴォシビルスクバレエ団の地方公演が
私が最初に観た「白鳥」(オケ付き)だったのです…。
大人バレエ始めたときでした…。

多分日本公演で地方を回っていた感じでした…。
あまり覚えてないのですが、
4羽の白鳥の中の一人のダンサーさんが身長高かったというのと、
バスがあってその近くの野外でクールダウンかウォミングアップをダンサーさんが、
されていたのでおおお・・・と思いました…。
あとノヴォシビルスクの劇場のことがパンフに載ってまして、
寒い地域なのでクロークが場内を囲むようにあると書いてあったような…。

今、思うのはダンサーさんたちにとって日本ドサ廻りが過酷な思い出でないよう祈るのみです。
私にとっては素晴らしい公演だったので…。

イーストウッド監督の映画が上映されます…。

なんと当事者出演(;゚Д゚)。
でも多分良い映画でしょう!

新作

トムクルーズのMIも気になりますね…。
ヘリ操縦資格取ったや骨折した等、TVでやっておりました…。
映画に命をかける…。
大好きです!。
観に行きたいけど近くの映画館無くなったのでamazonプライム課金になりそうです・・・。
時代の変化早すぎる。
OP男子FP実はレッスンと被ってました…。
えええ(´▽`)羽生君を選びました…。

言い訳ですが、もう太ももの付け根がおかしくてですね…。
それと連動してどんどんいろいろ調子悪くなっていて、
しかもなぜか右足首まで調子悪くなる始末・・・。
普通に歩けるけど、
右足ルルベ等テーピングしなきゃいけない感じになってきました…。

というわけで少ないレッスン回数がもっと減ったわけですが、
OPTV観戦できてよかったです…。
もう少し暖かくなったら頑張ります。




平昌OP終わってしまいました。早い…。
どの競技も面白かった…。
この2月末まで楽しい日々を過ごせたことに選手の皆さまや関わった方たちに感謝です…。

というわけで、
OPで私の好きな衣装(女子のみ)をブログ内でひっそりと、
あげたいと思います…。
OP動画は厳しい場合があるので、
欧州から取ったり四大陸から頂いたりしました…。
    
チェダビン選手のFPお衣装…。
ウェストのデザインがよりウェスト絞ったようにみえます…。

  

カイラニ選手(オーストラリア)
ゴージャス・・・。ムーランルージュのきらびやかな世界にぴったりな気がします。
下が濃い色のスカートにみえるのですがメリハリがあっていいな…と思います。

メド選手…。グラデーション具合が繊細な演技とマッチしてる感じがします…。
 
もう一つメド選手
欧州選手権から変えてきました…。
黒も良かったけどこれも素敵です…。
バスト部分のデザインというか(布の処理というのですかね…)は黒の衣装の時と共に、
とても好きです…。
最近、パンツスタイルでレッスン受けた時と、
スカート(下にスパッツをはいてます)で受けた時の気分の違いが大きくて、
これはいったいなんだろうか…と考える次第です…・
パンツスタイルは足の形がもろにでる・・。すごい残念。
スパッツ+スカートの方がいろいろ脚の形誤魔化せるせいか、
気分が良いのですよ…。

・・・本当は自分のスタイルの悪さを自覚するために、
パンツスタイルの方がなんとかしよう…という意識が強くでるけど、
でもこの先、自分の脚のかたちが改善するかといったら、
そう思えなくなってきて、
パンツスタイルをやめてスパッツ+スカートスタイルにしようかと思ってます。

ううう…小さなことですが、
自分の気持ちの上がり下がりにも弱ったものだと思います…。


羽生君の今回のSP「バラード」はノイマイヤー振付で踊られています…。
 動画お借りします…。

 

「戦場のピアニスト」でも主人公のピアニストが隠れ家で演奏した曲がバラードでした…。
(観客はドイツ人将校)


そして平昌OPで羽生君が滑ったバラード・・・。
動画はきっと視聴できなくなるので…。 
(メド様のSPも劇中に使われてます…。)
 
どれが一番とかではなくて、どれも素晴らしい作品だな…と思いました・・・。
物語や振付によって違ったバラードを私たちは観ること聴くことができる…。
素敵なことです。
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 10 11 12
13 15 17 19
20 21 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[10/16 kazu]
[12/08 kazu(ブログ人)]
[12/08 ozakazu(ブログ人)]
[11/23 lulu]
[02/12 ozakazu(ブログ人)]
最新記事
(05/23)
(05/22)
(05/18)
(05/16)
(05/14)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
KAZU
年齢:
12
性別:
女性
誕生日:
2005/06/12
職業:
ぼんやり事務員
趣味:
バレエ
自己紹介:
20代後半からバレエをはじめてはや数年・・・。いつからはじめたか忘れてしまいました・・・・。凹んだり、勘違いしたり、調子にのってしまったりの日々を記録している日記です。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
"KAZU" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]