忍者ブログ
レッスン日記とか、スケートだったり、食べ物だったり・・・。 バレエ用語スケート用語間違っていること多々。
1  2  3  4  5  6 


ショパンの作品はどれも好きですが、
今、一番聴いている曲は「雨だれ」です…。

別れの曲等ストレートすぎて聴けないという時に、
雨だれは優しい感じがしてとても心にしみしみします…。

最近一滴も雨降ってませんが、
これで雨降っている場面を妄想して、
涼んでいます…。
雨降りすぎても弱りますが…。
PR
チャイコフスキーのピアノ協奏曲1番なのですが、
私の中のイメージは「旅」なのです…。
しかも出発点と終着点が違う系…。

出だしの部分とってもパンチがあって、
萌えとくるメロディなのですが、
これ終盤にリピートされること無いのですよ…。
私が作曲者だったら終盤に入れたくなるのですが、
そこをあえて入れないところがチャイコフスキーって天才というか、
溢れるほどの音楽の引き出しを持っているお方なのだ…と思ったり。

あと悲愴も曲の楽章の順番を私だったら
逆にしたいかもしれない…という話を、
ピアノの先生に話したら、
やはり作曲者の意図の通り演奏することが大事とのお話でした…。
デスヨネ…。
基本、日本のドラマはあまり興味ないのですが、
観てしまいました…。

「アン・ナチュラル」
もうネットに漂う意見と右に同じで本当に面白かった…。
石原さとみ、本当にすばらしい…。
もちろんかわいいのですが、
芝居というか演技すばらしい…。
法廷シーン最高でした。 

次回作があればいいのにな…。
少し謎要素が消えても良いから次回作、
プリーズ!となりました…。

ファンタジーオンアイス
今年はまさしく争奪戦すごい気がします…。
羽生君がけっこうな確率でinするショーなのですが、
私の行ける範囲内のチケット金額が軒並み値が上がっているのですよね…。
まぁ物価上昇の流れをくんでいるのかもしれませんが、
このチケット代をみると、今回のOPのメダリストを呼ぶだろうと思うわけです…。
・・・というわけで羽生君がinしなくても相当豪華になるはずです…。
でもinすればすごかろうね…。

あと夏に世界バレエフェスティバルがあります。
これも行きたいと思ってます…。

お金ためなきゃ…。


休日、寒いので動きたくなくなりましたが、
オケの公演があるので行ってきました…。

YouTubeさんで鑑賞も良いけどやはり生は良いですね…。
しかもあまり演奏されない曲…。
本当は予習していくべきなのですが、
あえて何も入れずにいっても楽しい気がします…。

一部二部と違う作曲家だったのですが、
当たり前ですが曲の雰囲気とか違って、
この作曲家は軽やかだとか、
ちょっとこの作曲家はロマンチックだね…と妄想というか、
勝手に感想を言うのも楽しいです…。

反対に第九とか一小節づづ分解して解説する動画みてから、
年末コンサート聴きにいくのも楽しいですね…。
最近、萌えとくるドラマないかな~とドラマあさってましたらありました…。

グラナダ版ホームズ…。


いいです!(^^)!。

 
アイリーン・アドラー
ドレスの胸元の空き具合がやばいです…。
上の衣装ではないですが…。


一番ホームズに近いと言われたジェレミーブレッド…。
日本語吹替は露口茂さん…。
ホームズは露口さんで観たい…と思っていたのですが字幕版をみたら、
これも良くてですね…。

いろいろすっきりとした作品の作りにですね…。
もうどっぷりと入り込んでしまいました…。

この時代に入り込んだら、
ぜひともメイド→(人前に出ない系の)となって同じ空気を吸いたいと思いました…。
もし労働者だったら早死にしてそう…。
いつの時代も厳しい…。


レッスン前の日に、
プロジェクターにプレステさんを繋いで、
ゲームをしてしまいました…。
「ペルソナ5」なんですけど、
銭湯ばかり行ってます。
東京暮らししたことないけど、
その東京暮らしが田舎にいながら味わえます。
あと高校生活をもう一度、華やかで楽しく・・・。
ゲームの中だけど。
喫茶店の上で暮らせるのがよいですね…。


もちろん楽しいひとときだったのですが…。
仕事もそうですがレッスンにも支障が出てしまいました…。
睡眠取ったはずだけど、眼と脳が疲れています。
レッスン前の日は、ゲーム禁止を自分に言い聞かせました…。

今のゲーム。
映像はキレイすぎていろいろ負担なのか…と思いました。

何年も前、オペラ作品を日本語の歌詞にして公演するので観にいったのですが、
歌手(舞台)-オケ-観客の位置だったので、
(しかも施設が少し古い気が…。)
1幕、歌手の歌声は聴こえるけど歌詞を聴きとれず、
ストーリーが分からぬ…と思っていたら、
2幕聴こえて、ようやくどんな話か分かる感じになって安堵した記憶があります・・・。
誰か観客が歌手の歌声を大きくしてくだされと言ったのかもしれませんね。

なので日本語に替えるのは素晴らしい取り組みだけど、
音響バランスや日本語で歌っていても字幕をつけてもらわないと、
もったい・・・ない・・・(公演が)と思ってしまいました…。









「作品賞」逃した「ラララ・ランド」。←「ララ・ランド」でした。
来年には滑っている選手おりそうですね…。
早めに観た方がよいのだろうか…。
「アーティスト」も私が観た後に
選手が滑ってくれたので、ラッキーだった気もします…。

私の好きな映画に「風と共に去りぬ」があるのですが、
時々アイスダンスのカップルや女子選手が滑っていたりします。
でもこの「風と共に~」は1939年制作なんですよね…。
それにしては色彩が美しい…。日本はほぼ白黒で第二次世界大戦がはじまった時なんですよね…。
それで出演者のアシュレイ役だった俳優さんがこの戦争で戦死しているという…。
(メラニー役の女優さんはまだ存命だそうです。)
同時期の映画(次の年のはず)にチャップリンの「独裁者」があります…。
同時期ということは、ナチス政権でヒトラーが首相だったので、
そんな時代に、このような風刺が強い作品を作ってしまうということはすごいです…。
「独裁者」は作品賞ノミネートされましたが「主演男優賞」受賞と書いてありました・

アカデミー賞、時代を映す鏡かもですね…。



今年はすごいです…。
鑑賞予定…。

もうすでにピアノリサイタル鑑賞が決まっています…。
それにオケ公演4回…。

あと鑑賞ではないけど旅行…。

そして下半期はある劇団のロングラン公演を観に行こうと計画立ててます…。
会場の近くに会社の福利施設があるのです…。
公演を鑑賞して、福利施設にお泊りしてゆったり過ごす…。

これにバレエ公演をどれだけ入れていけるか…。
年末、くるみ公演をまた東京で観たい。
アイスショーは新潟であるらしい(FaOI)ので悩みどころです…。
というかアイスショー取れる気がしない…。
カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 4 7 8
9 10 11 13 14 15
16 17 18 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
[10/16 kazu]
[12/08 kazu(ブログ人)]
[12/08 ozakazu(ブログ人)]
[11/23 lulu]
[02/12 ozakazu(ブログ人)]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
KAZU
年齢:
13
性別:
女性
誕生日:
2005/06/12
職業:
ぼんやり事務員
趣味:
バレエ
自己紹介:
20代後半からバレエをはじめてはや数年・・・。いつからはじめたか忘れてしまいました・・・・。凹んだり、勘違いしたり、調子にのってしまったりの日々を記録している日記です。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
"KAZU" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]