忍者ブログ
レッスン日記とか、スケートだったり、食べ物だったり・・・。 バレエ用語スケート用語間違っていること多々。
1  2  3 

ピアノも発表会には出たけど、
もう表現する感じではなく、
鍵盤こんなに狭かったかな?
早くひっこみたい…。
ゴールまですたこらさっさという感じで弾いていた気がします。
これが他の習い事でも言えると思う。

いつも間違えるのではというハラハラドキドキでレッスン参加して、
なんとか教本、次のページにいってます。
子供からピアノだとまさしくNGな気がします。

だから人前ではなんにも出来ぬに近いのです。
いつの日かこれを脱出したい…。
脱出には練習しかない。分かってます。
来世かも…。

PR
浜松国際コンクールのドキュメント観ました…。

それで最後の審査の曲、韓国の子と牛田君、
両人ともラフマでしたが良いですよね…。
3番も2番も…。
どちらも壮大なロマンと最後には何か魂が復活する感があって…。
私も気持ち落ち込み気味だけどこのドキュメンタリーで一部分聴いただけで、
みなぎってくるから音楽の力って偉大だと思います。


あと駅ピアノ牛田君練習がてら弾いてましたが…。
すげーーーー((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル。
常々、NHKの駅ピアノ観て思ってましたが、
世の中にはピアノ弾ける人がこんなにもおるのか…。
どの人のピアノも素敵だけど牛田君ピアノは贅沢や…とか思いました…。

私に言えることは練習せんとね…。


ピアノでもバレエでも自分の性質や性格は出ると思いますし、
すぐ諦めたり、物事にいいかげんな姿勢は私の一生かけて直していかなきゃならない点ではないかと思うのです。

例えば楽譜の休符やリズム・・・これが苦手で、
途中で曖昧になってしまって先生から注意を受けます。
休符は休みじゃなくて音楽の一部ですよ…と。
正直、楽譜で休符やリズムを把握するのが苦手すぎて、音楽が遅くなったり早くなったりします。
この解決法としては楽譜を観ながらとピアニストの演奏を動画で聴くという練習法です。


リズム曖昧、休符あいまいなピアニストっていないじゃないですか…。
それを聴くとこの帽子みたいなのが全休符か…とか汚れみたいなのが8分休符か…とか少し、
理解できるのです…。
でもすぐに忘れていきますが…。
先生ごめんなさい。






ウェーバー作曲だったはず…。
ピアノ版でもオケ版でも素敵なのです…。

今、妹がこの曲を練習しているんですが、
このアナニアシヴィリの映像を観たら、
より一層この曲が好きになって、
それをチョイスしてきたピアノの先生スゴイヨーーーとテンション上がっている状態です…。
(妹が…です。)

うらやましい…と思いながら、
私も自分の課題曲に取組中です…。
アップライト(ピアノ)購入することになりました…。

妹が勝手に…契約してきました…。

いや、子供からピアノの人が、音混じっちゃってる!
演奏ムリゲー!というからにはもう無理なんですよね…。
まだ車のローンがあるのに…。

でもお迎えするの楽しみだなぁ~。
ハノン練習してたら、鍵盤が浮き上がってこず…。

えええーーーと思いました。
湿気か摩耗が原因だそうです…。
ピアノ替え時に一歩一歩近づいてるようです…。

うーーん。
要相談です…。


最近、半端なくバタバタしてます…。
そんな中、発表会終わりました…。
ミスタッチ何箇所ありましたが、無事戻ってきました…。
以前は、緊張しすぎて、鍵盤が小さすぎる!
どうしよう!となってましたが、
今回はそんなこともなく終了させることができました…。

ピアノ…。
音痴は治りませんがリズムとることが以前に比べて、
できるようになってきた気がします…。
 今回はバタバタを言い訳にして簡単な曲にしましたが、
 次回はもうちょっと難易度あげたいと思います…。
 
(追加)
なぜか1曲弾いただけですが、ものすごく疲れが…。
本番はエネルギー使いますね…。

最近ピアノの発表会があって、妹からバシッっと言われたことがありました・・。

とても残念な演奏でした・・・。
間違ったから残念な演奏じゃなくて、
とにかく気持ちが弱いのがピアノに出たね・・・。
大人からはじめたから・・・を逃げ道にしてはいけない・・・と。
それと気持ちの弱さはピアノだけじゃなくて、
バレエにもスケートにも絶対出るから、それは克服していけなきゃいけない・・・。
ピアノの先生は優しいから言わないだけだよ。
他の先生もきっと思っているよと・・・・

反論したかったけど、その通りです・・・。
できなかったら「えへへ」ですましていた部分があります・・・。
ふざけているわけじゃないです・・・。
腹をくくれない・・・というか、
100パーセントの力を出すこと、
やりきれるという自信が私にはないのです・・・。

うーーん。なんとか変えていきたい・・・。
曲目はバッハ・ショパン・リスト・プロコフィエフでした・・・。
すばらしい演奏でした・・・。
しかも会場がとてもよくて、低音がバーンと響いて鳥肌立ちました・・・。


最近、ピアニストの指先が観える左側の席に座りますが、
もう・・・神的に指が動いています・・・。当たり前ですが・・・。
しかも力強く・・・。しかも心を入れないと曲にならないのです(ショパンは特に・・・)。
基礎と心を入れるバランスがかみ合って音楽になるのです。←当たり前ですが・・・。

私はどうしても小指の力が弱いので、小指強化しなきゃ・・・。
わーーー練習しなきゃ・・・と思ったのでした・・・。

GW前半は体調がすっきりしなくて本当に休養にあてたお休みでした・・・。
そんな中でも前から予定していたピアノコンサートには行ってきましたが、
すごく面白い・・・というか楽しいコンサートでした。

普通、名を知られたピアニストが有名な楽曲の一つの楽章のみを弾くのがピアノコンサートに多いかたちだと
思いますが、そのコンサートは有名な一部分だけの楽章だけではなくて全楽章通したり
(なのでピアニストも観客も体力勝負・・・)、日本にはない楽譜を海外から取り寄せて弾いたり、
オケの楽曲を2台のピアノに編曲したり、とにかくとにかく実験的、革新的コンサートなのです・・・。

最後に来年の予告(あの作曲家のあのオケ曲を編曲して披露するよ!)っていうのがあったりで、
来年の楽しみができて、テンションがあがるコンサートでした・・・。
カレンダー
04 2019/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 9 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[10/16 kazu]
[12/08 kazu(ブログ人)]
[12/08 ozakazu(ブログ人)]
[11/23 lulu]
[02/12 ozakazu(ブログ人)]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
KAZU
年齢:
13
性別:
女性
誕生日:
2005/06/12
職業:
ぼんやり事務員
趣味:
バレエ
自己紹介:
20代後半からバレエをはじめてはや数年・・・。いつからはじめたか忘れてしまいました・・・・。凹んだり、勘違いしたり、調子にのってしまったりの日々を記録している日記です。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
"KAZU" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]