忍者ブログ
レッスン日記とか、スケートだったり、食べ物だったり・・・。 バレエ用語スケート用語間違っていること多々。
1  2  3  4  5  6 
アラベスクのフリーレッグ…。
ぶらさがっているのではなくて足も意識もって上がっているとうれしいと思った次第です。
いろいろ気づきがあって、またその気づきがどこかへいってしまって、
それを繰り返しているレッスンです。

相変わらずレオタポチをしているし、
バレエとなるとお財布が緩みまくってしまいます。

いろいろ精神的にも身体的にも課題が多くて凹むというか、
反省すること多いですが、
大人からバレエを楽しみに生活してます…。


PR
家でおさらいというかふと2番に立った時、
お腹も薄くて足も真っ直ぐな感じで意識できたので、
いざレッスンでやろうとすると、
あの意識がどこかにいってしまって残念でした…。

基礎的な動きが残念で、上半身薄くとか骨盤とどめて…とか意識がとんでました…。
うーーーーーん。
バレエは本当に難しい。

最近、アウトレットモールに靴を買いに行ったのですが、
私のサイズ、23.5の靴を出してもらったのですが、
踵があまりサイズ合わない…。
23もワイズが苦しい…。
この時の店員さん、無理にお勧めしない感じだったので、
ありがたかったのですが、
私に合うサイズがないということは、今のレギュラーの靴2足が壊れたら靴を探す旅が、
難航するのでは…と思ってます。

バレエシューズは24.5で、どのメーカーも合わないということはないのですが、
(ゴムひももあるし…)

弱った。


羽生君の今プロ。
ニュースで出ておりました…。

OPシーズンは新しいプロみたいみたいと文句言ってごめんなさい。
私の欲求はこれで解消されました…。
そして男子フィギュアをけっこう前から見ていたファンは嬉しいのでは!と思います。
羽生君を観ながら、プル様やジョニープロを動画でみかえして、この時はこうだったね…とか思い出せるじゃないですか…。
あの時はSNSが発達してなかった分、皆自由に好きなこと言っていた&やっていた気がします。
今は自国ファン同士のいがみ合いがネットに拡散されて誰でも観れる状態というのが怖すぎて怖すぎます。しかも選手にLikeじゃなくて、hateを伝えたい…ってびびります。
私は何も伝えたくないし、伝えるとしたら全ての選手が成功を掴んでほしいし、
周りの友人先生を大事にすれば良いのではと思います。人生の成功を祈るというやつです…。
ただ自分は衣装良いとか、この振付良いとか自分勝手に自ブログで言っていれば楽しいのですがね。

怒りの感情はいろいろ視野を狭くするからもう勘弁です…。
 
  
羽生君のプロ少し披露に話戻りますが、
ジャンプの音はめもぐっとくるけどステップのツイズルをからめたアレグロで緩急のついた動き・・・。
すばらしい&すごいですよね…。
代表クラスになると緩急のついた動きで音楽とマッチさせて、
視聴者を飽きさせないのですが、
しかも全身を大きく使って、全て美しい動きですよね…。
残念なところがないですよね…。
早く試合でみたいです…。


最近、背中でピルエット回るようにしてます。
背中を意識するというか…。
↑先生が言われたことなのですが…。

そうすると、今までになく余裕のあるピルエットができました。
まわりきってルティレの脚を降ろす感じで…。
ただしアンデダンになると背中でまわることがなかなか難しくて奇跡の一回が、
一度だけ…です。
アンデダン、なんか片方の肩でまわってしまってすごい残念な回転です…(;´Д`)。

あと顔付けるの・・・。
これが一番の課題のような気がします…。


インスタ恐ろしい…。
なぜかというと、
インスタの素敵レオタを発見して、
そこをポチっとすると販売していることが分かって、
購入したしだいです。
多分モデルが素敵だからレオタもより素敵なのだと思うのですが、
もうレオタ買うの当分封印・・・。


レッスンは夏のせいで減ったけど、
最近、体をもっと大きく動かしたいと思うようになりました…。
あとアンドゥーオールですが、膝から開く感じから理想は腹のあたりから、
お尻を巻き込んで開いていく感がつかめそうでつかめないので、
そこをなんとか進んでいけたらと思ってます。

久しぶりにキャミタイプ着たら、
しかもストラップが細いタイプ・・・。
ううう…。
ブヨ度増し増しで辛かった…。
ノースリーブでも肩周りに生地があると、
ブヨなんてどうでもよくなるけど、
肌部分が多いからフォルムがぼんやりして、
自分のブヨブヨさかげんを突き付けられて、
テンションさがってしまいました。

他人にどう見られているかではない…。
これは自分がどう思うかがなんですけど…。
辛い…。
キャミの方が肩周り動きやすいと思うけど自分のフォルムを見て、
キャミタイプ、とうぶん封印と思いました…。
そしてまた二の腕、ブヨブヨ隠しのレオタ買ってしまいました。






行ってきましたーーー('ω')ノ。
どのダンサーも素晴らしかった…。
ダンサーさんたち空間の使い方、本当に本当にすごすぎて、
東京文化大ホールの舞台が狭く感じましたよ…。

次のバレエフェスはもっと頑張って、
もっと近くの席を取ることに決めました!

私の方でいろいろハプニングがあったりしましたが、
今、ブログで書くべきか悩んでます…。
本当に私のどうでもよいお話なので、
しかもバレエに1mmも関係ないし…(;´Д`)。

すいません。
やはり夏の風物詩的な感じなので書きますね…。
くだらない話なので読みたくない人は、続きをポチッとしないでくださいね。

サイズ間違えた…と言っていたレオタですが、
丁度よい感じでレッスンしていくうちに馴染んできました…。
今、サイズ感にすごい悩んでいてEleveのL、なんなく着れるけど
全体的に補正して欲しい気もするのです…。
スティナMだと、ダンサーズサイズで間違いなく苦しい…。
スティナは間違いなくLです。
でもEleveでは私はLなのだろうか…。
私のサイズはいったいなんだろう…と。
以前、難しい教室の先生はYUMIKOのMでオーダーしてくれたけど、
 
  
  
SlingerdanceさんのところはMサイズでオーダーしました。
生地は厚め。胸あて←名前忘れた。
必要ないかもしれない。二重になってますが…。
あと二の腕隠しの袖もFain生地というのはメッシュより透けないので、
隠したい派にはよいかも。
 
またレオタが増えていきそうな予感・・・。

 
 
 歴史教科書風・・・。
それにしてもすごいエッジのかたむき加減・・・。
いまだに私はどちらにのっているか分からぬぼんやり人間・・・。
・・・というか自分で一生懸命たおしているつもりでも、
 フラットなんですよね…。
ということは相当、ぎりぎりまでたおしているのでは…と。
いやはやすごい…。

羽生君一番のプロの中で好きな衣装はオペラ座だったりします…。
わりとフリルっぽい感じなものがついていると、
滑った時にふわっときて疾走感がでてそれもファアリーっぽくて良いのですが、
この衣装は力強さ、ファントム無双な感じが出て、ときめくのです。

以前のブログでもがたいがよくみえると書いてるんですよね…。
・・・というわけでこの衣装が今のところ、羽生君プロの中で一番好きな衣装だったりします。




カレンダー
08 2018/09 10
S M T W T F S
1
2 4 7 8
9 10 11 13 14 15
16 17 18 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
[10/16 kazu]
[12/08 kazu(ブログ人)]
[12/08 ozakazu(ブログ人)]
[11/23 lulu]
[02/12 ozakazu(ブログ人)]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
KAZU
年齢:
13
性別:
女性
誕生日:
2005/06/12
職業:
ぼんやり事務員
趣味:
バレエ
自己紹介:
20代後半からバレエをはじめてはや数年・・・。いつからはじめたか忘れてしまいました・・・・。凹んだり、勘違いしたり、調子にのってしまったりの日々を記録している日記です。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
"KAZU" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]