忍者ブログ
レッスン日記とか、スケートだったり、食べ物だったり・・・。
1  2  3  4  5  6  7  8  9 
ヤマザキ

1位に鎮座する一口アンパンには、
カスタードの他にコーヒークリーム等のお仲間がいます…。

先日コーヒークリームを発見して、食べました…。
やわやわ生地に甘いコーヒークリーム…。
飲料のコーヒーに砂糖が入っていると、飲めなくなりますが…。
食べ物としてのコーヒーはうまうまでした…。

おそろしいのは、5個入っていて全部食してしまうトラップ…。
1個98カロリーなので5個食べれば約500カロリー…。
でも工場とかでぽこぽこつくられているのを、
観て食せるとしたら10個ぐらいはいってしまいそうです…。
PR
どん兵衛 そば

いつも一口目は、おいしくいただけるのですが、
途中から箸がすすまなくなりスープはもちろん麺残してました…。
もったいないけど、飽きるというか、なんというか…。
 
…でもしかして調味料が濃すぎるのでは…?(私にとって)と思い、
スープの素を半分にして、どん兵衛食べたら、うまい!
これですよ…。私のどん兵衛は…。
…そして、どん兵衛完食しました…。

日頃、高血圧の人間と生活しているせいか、家の食事はわりと薄めだからかと思います…。
…というわけで、カップ麺途中で飽きる原因は調味料の割合かと、思いました。
麺残すよりも、スープの素残した方が、もったいない感は少ないし…。
海外のドラマの話ばかりしてますが、
日本の番組でも、観ているものがあります。
 ルーズベルトゲーム、花咲舞の同作家さんのドラマとNHKの大河…。
花咲舞は杏が、なんとなく某スケーターに似ているのでは…?と思ってから、
私の脳内で某スケーターに変換されて、楽しく観ております…。
似ている気がする…
↑某スケーターとはミキティで…。
ぼんやり思っていたら、けっこう似ていると思っている人が多いようで…。
(私もポチってきました…。)
仕草(眉をひそめるとか、少し言いよどむ場面)とか「間違ってます!」ってミキティが言ってると変換されると、と…ときめきました。
杏さんでもよいのですが…。

 あと食べ物シーン…。おいしそうですね…。

あとBS11日曜日放映の「寿司」と「京都のごはんたべ」…。
寿司番組は江戸前寿司の名店で10カン、おすすめ寿司を食べるという番組です。
京都のごはんたべは京の名店の料理職人が調理した究極の一品を紹介する番組です…。

書いてたらお腹へってきました…。

だいぶ暖かくなったので、スムージー作りを開始しました…。

最初に作ったのは、小松菜とイチゴのスムージー(砂糖なし)…。
飲めないことはないけど、苺をそのまま食べるか、
苺だけにすれば良かった…と後悔しました…。

次に、小松菜+バナナ+グレープフルーツ…。
安定したおいしさ…。
バナナinは鉄板のようです…。

今年も、またおいしいスムージーが飲めたらと思います。

コーヒーはよく飲む飲料と一つ前のブログで書きましたが、
仕事中によく飲んでました。1日に6杯ほど。
頭がすっきりするけど 足先とか冷たくなってトイレが近くなりがちでした…。
どんどん飲む回数が増えていたのでお財布的にも身体的にも厳しいのでは…と思ってました。

しかしそんな状態でもなかなかコーヒーやめられない…。
ドリップはもちろんインスタント粉が手放せなくなってました…。
 
でもコーヒーの粉を入れずにお湯をいただくようにすると、
なんとか仕事はじめのドリップコーヒー一杯におさえることができるようになりました…。
もしかして粉+お湯をそそぐというのも癖になっていたのかな…と思います。
 
まだはじめて数週間しかたっていませんが、
冷えが少しおさまっている気がします…。
でも仕事はじめの一杯はやめられない…。
ラテアートも観るのも飲むのも好きです…。
 

紅茶もコーヒーも緑茶もお抹茶も、焙じ茶もどれも好きなのですが、
味だったら、緑茶の一番茶を一口飲むと、なんともいえないさわやかな風が口のなかを
さらっとかけぬける感じがして好きです…。
というわけで朝の緑茶一杯はかかせません。
地域によってはお抹茶が入っているタイプもあるようですが、
ただ緑茶オンリーの方がさわやかな感じが強い気がします。

お抹茶も、生和菓子と共にきれいな器で出されると、ひゃっほー♪となります。
お抹茶は私の中で特別イベントなお茶です。

紅茶もいろいろなフレイバーが出てて、スコーンやらショートブレッドと一緒に飲むと、
これまた幸せです…。ロンドン気分が味わえる。
紅茶も特別枠です。

コーヒーも淹れたときに香る香りにうっとりきます…。
香りに言及したらコーヒーが一番ポイントたかいのでは…と思います。
コーヒーはたいていブラックですが、最近はラテアートを描いてくれる場合は、
ラテを頼みます…。
仕事始まりに一杯。喫茶店ではラテアートも目でみて、香りをかいでうっとりして、
お菓子と一緒に味わう…という感じです。

緑茶とコーヒー…が一番飲んでいる気がします。

遠出して、おいしいと評判のパン屋さんにいってきました。
やっぱり並んでて、「すごいねぇ・・・」と妹と言っていたら、
ものすごい怒っているお客がいて怖かったです…。
並ぶのがそんなに嫌だったのか・・・。
よく分かりませんが・・・。
そんな妨害工作にもめげず、パンにありつけました…。

遠方よりきて地元民の楽しみを奪ってしまったかな・・・と思いつつ、
行ってよかった!と思いました…。

以前はハード系ばかり狙っていましたが、デェニッシュも日本パンもハードもバランスよく買って、
バランスよく食すことができました・・・。
途中イレブンコーヒーを買って、焼き立てのクロワッサンを食べると、
すごい幸せになりました。

そして家に帰ったら、生ハムやらアボガドやらジャムをつけて食しました。おいしい~。
最近のお気に入りのジャムは安いアロエジャムです。
アロエ本来が好きなので高級路線のアロエジャムも出してほしいです。

お正月のあまったお餅で、おしるこを(母が)作ったのですが、うまい…。
おしるこを、お昼がわりにしたのですが、身体がカッーと熱くなって汗をふきふき食べてました…。

これって血糖値が急にあがった証のようです。
砂糖を小豆の中にこれでもか…と投入してますよね。
そうじゃないとおいしくない・・・。

ちなみに砂糖を接種すると力が出ないそうなので、試合真近の選手は取らない方がよいと、
部活やスポーツ指導で言われているそうなのです…。
バナナのような、エネルギーになるものの方がよいみたいですね。

でもおしるこ、この寒い時期限定の年に数回味わえるかそうじゃないかの特別スイーツだと思います。



日曜日の「情熱大陸」で北海道のお寿司屋さんが出て、
ひらめを2日ほど寝かして食べごろを探索してましたよね…。
(結局食べごろが過ぎてしまって、お客さんに出せない…というお話だったのですが…。)

捕れたてピチピチの魚は身が固いので漁師さんは、
半日ほど寝かせて出荷するそうです・・・。(近場の話ですよ…。)
↑また聞き情報なので、皆そうしているのかと言われたらわかりません…。

一度、身の固い状態を食べてみたい…。
これが分かれば、私好みの魚が、少し寝かせたものか、
すぐに運ばれてきたか分かるのです…。

何度かお魚で、身がしまって歯ごたえのあるお魚を食べたことがあって病みつきになってしまいました。
だいたいいつも行くフィッシャーマンズワーフで買ったお魚がうまうま・・・だったです。(観光客価格ですが、
お金払って悔いなし…と思いました…。)

補足←身がしまった状態…よく考えるときっとスーパーでも手に入れることができると思います。
条件は刺身パックになっていない1本まるまる買うと、そんなコンデションのお魚にめぐりあえるかもです。

あと驚きが某100円寿司で私好みの刺身があったのです…。
また当りがこないかなーーーと時々100円寿司屋さんでテイクアウトする日々です。


サブウェイ

サブウェイのお店を最近、発見してレッスンの前に食べました。
案の定身体は少し重く感じましたが、そのサンドイッチにかぶりつく幸せ感といったら、
もう…たまりませんemoji

アボガドえびじゃなくて、照り焼きサンドを食べたのですが、
ピクルスのすっぱみやらレタスのしゃきしゃき感やらトマトのフレッシュさやらで、
頭がくらくらきました…。
レッスン終了後にもさもさ食べてましたが、それよりいいかも。
次は、たまごにアボガドをトッピングしたりして…。
xマスにはパーティサンドもよいかも・・・。

妄想が膨らみます。

カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 3 4
6 8 9 10 11
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[10/16 kazu]
[12/08 kazu(ブログ人)]
[12/08 ozakazu(ブログ人)]
[11/23 lulu]
[02/12 ozakazu(ブログ人)]
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
KAZU
年齢:
12
性別:
女性
誕生日:
2005/06/12
職業:
ぼんやり事務員
趣味:
バレエ
自己紹介:
20代後半からバレエをはじめてはや数年・・・。いつからはじめたか忘れてしまいました・・・・。凹んだり、勘違いしたり、調子にのってしまったりの日々を記録している日記です。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
"KAZU" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]