忍者ブログ
レッスン日記とか、スケートだったり、食べ物だったり・・・。 バレエ用語スケート用語間違っていること多々。
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 
宝くじ妄想です…。
 
・お休みしていたバレエ団東京公演を観に行く。

・小林紀子バレエシアター
グローリアがまた観たくなってきた。
この演目、映像化されてないですよね…。
だから余計・・・。

・ハンブルクバレエ団
ニジンスキー
これ生で観たら眠れなくなると思う…。
なのでホテル泊で…。

・Kバレエ
クレオパトラ…が観たい。

・地元で公演がある場合は、
バレエ団問わず観たい。オケ付きがいいな…。


地元バレエ鑑賞は宝くじ当たらなくてもなんとか実行できそうだけど、

・一番の妄想はオープン(というかバレエ団のお教室←もちろん初心者クラス)にお邪魔したい…。
です…。

密かにオープン教室のHPのレッスンカリキュラムや日程を覗いてて妄想してます。




PR

両手バーでプリエする時、
上半身がどこか逃げる感覚がありました…。
まして片足プリエしようものなら軸脚と共に沈み安い方向に、
上半身が逃げる感覚・・・。
視覚的に見ても感覚的に見ても上半身が逃げている感じでした…。

ここ最近、両手バーのプリエの時に、
上半身は、逃がさずにまっすぐ保ってプリエしてます…。
次ににつながればいいな…と思いつつ。

もう12月・・・。
あとレッスン数えられる回数になってきましたが、
自分自身、進歩したところはあまり目に見えない感じで、
ただレッスンに通っていた感じです…。
時には病は気から系の体調最悪な時もあり、
治療さえすればいつの日かすっきり受けられると思っていたらそうでもなくて。
もしかしてこんな状態でも、振り返ればレッスン受けられるのなら、
そこまで体調どん底では無い・・・のかもと思うようにもなりました。

レオタはインスタグラムを覗くようになってから増えました…。
あと5部袖のレオタ多くなったのですが、
筋肉的に私は鏡に映るとテンション下がる筋肉でして、
どうしたらその気持ちの落ち込みを少なくするレオタを選べるかが今年だったように思います。
お腹ぽこも筋腫のせいではなくて腸も冷えてパンパンになっていたのかと思います。
それは薬屋さんでお腹の張りをとる薬を買って少しでもポコポコじゃないようにしてます。

・・・技術的なこと一つも考えてないですね(*_*;。
浅はかな私。どこか空回りしてるし。なんか時々情けなくて凹んでます。
仕方ない…。
それが私です…。来年は少しは思慮深い人間になれたらいいな。
最近、体調面でもそうですが豆腐メンタルがよりひどくなって、
Kバレエの公演をお休みするところでした…。

検査で早退遅刻を繰り返したので、
早退届出すのをはばかられて会社から会場への直という感じになってしまいました。
灰かぶり状態のシンデレラ・・・じゃなくて、
眠りの森の魔女系のようないでたちというか気持ちで、
もし魔女みたいに拒否られたら悲しいのでお休みした方が良いと思ったのですが、
美しいダンサーを観るのが目的ということを思い出しました。
チケット買ったし、私が観られるわけでないし。
パジャマや作業服じゃないしよかろう・・・と思い、
鑑賞したら素晴らしかった!

素晴らしい舞台でダンサーさんフレッシュで、
高難度の舞台で、若いエネルギーを吸収して私は元気になり復活しました…。

そして次はもう少しましな恰好で鑑賞しようとも思いました。

バレエって素晴らしい。

最近、5分袖のレオタばかり着てレッスンしてます…。
理由は、レオタによっては腕のラインをましに見せてくれるものがあるので…。

肩より二の腕細い…←これ持っている人はパフスリーブや、
ノースリーブでも似合うのですが、
私がパフスリーブやノースリーブを着ると、
プロレスラー的になるので…。
でももしかして腕の動かし方や筋肉の使い方を意識するには、
キャミやノースリーブが良いのかもしれないです。
レッスン終盤には気のせいかもしれないけど、
少し引き締まっている感じもするのです。

お腹出ているのは治療でなんとかなると妄想してましたが、
そんな簡単なものでもなくて、
やはり日頃の努力の怠りだったようで、
また精進してください…という感じでした…。

なんとなく根詰めていたのが解消されて、
気持ちよくレッスンできるように変化してきているので、
病はやはり気持ちからなのかな~と思う日々です。

レッスンあるある…。

自分ではやっているつもりでも(意識しているつもりでも)
鏡に映る姿はそうでもなかったり…。
でも意識してないとフレックスだったり、
膝曲がっていたりするので、
鏡に映る姿がどうであれ意識を持っていくことが大事な気がします…。

今までブログでこうなのではないか…と思って、
レッスンで取り入れようと書いてきたことは多分、他人から見ると、
分かりづらいことですが、でもそれでも意識して続けることで、
次につながるのではと思ってます…。

これが舞台で眼に見えた形にして音楽を表現するダンサー・・・。
バレエ続けている人達。先生…。
本当にすごい…と思います…。
骨盤の続きですが、
骨のところは平行だけど、
でも骨盤の骨の上のウェスト・・・。
ここはお休みじゃなくて足と思って前、横、後ろのタンデュしていけば、
良いのでは…と思ってます…。
しかし身体の中心は伸ばした脚や腕にもっていかれない…。 

要するに全身、ストレッチされているのが、
バレエではないかとも思うのです…。言い換えればどこまでも細く長くがバレエで、
ダンサーさんはそれを体現化してしかも重力の影響を受けず自由な感じもするのです…。
先生はもちろん観ている人に、たるんたるんはすぐばれてしまうのです…。
重力の影響受けてるぞ…と。

今日は少し体調よくなってきているので、
週末のレッスンは大丈夫な気がします。
やはり知ってしまうとそれに左右される気もしますが、
知らないままだと間違った方向にいった気がします。(私は…。)
そして余計しめつけたり、
不思議療法に行ったかも…。
自分の身体の声を聞かなかった状態でしたので、
自分の体に今はごめんなさい…といった感じです。
最近骨盤の向きが大事なのではと思い始めました…。
バーでの感覚なのですが、
骨盤を開くというか硬い骨っぽいところを横に…。
骨盤を薄く180°に…といった感じです。
そして足先も骨盤の骨のところと同じ方向に…。
それで骨盤の骨のところは前にいくことなく、
タンデュしても両側平行な感じです…。
妄想というか意識がそんな感じです。
でも骨盤の上のあたりもストレッチしている感じです…。

ここ最近、体調がよくない気がします…。
そろそろお休みを考えるべきなのかもしれない…。



今週のレッスンで回りきって降りてくる…感じを一度だけ味わいました…。
それでOncemore!と思ったら、またピルエットがさようなら~でどこかに行ってしまいました…。

でも一度でもあの感覚を味わえたので良かったです…。
軸と足指の付け根を意識できたのって初めてでした。
今までのはいったい…なんだったのだろう…。
もどきですかね…。
でももどきから一歩階段のぼれたのだろうか…。
いろいろ凹むことあるけど、その中でも少しの気づきがあるので嬉しいです。

病気治ったらレオタポチしようと思ったのに、
なぜかポチってる…。
最近、レッスンもレオタ選びも空回りで、
情けない…と凹みがちでしたが、
ポチらないと、お迎えできない時があるのです…。
それがstinaのレオタ…。

バラの生地がツボだったのです…(;´Д`)!。
緑は私がのぞいた時には完売でしたけど、
ピンクはまだ大丈夫だったのです…。

というわけで久しぶりにStinaのレオタをお迎えする運びとなりました…。
どんな時でも癒しは必要です。


 

カレンダー
02 2020/03 04
S M T W T F S
1 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[10/16 kazu]
[12/08 kazu(ブログ人)]
[12/08 ozakazu(ブログ人)]
[11/23 lulu]
[02/12 ozakazu(ブログ人)]
最新記事
(03/25)
(03/14)
(03/02)
(02/04)
(01/22)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
KAZU
年齢:
14
性別:
女性
誕生日:
2005/06/12
職業:
ぼんやり事務員
趣味:
バレエ
自己紹介:
20代後半からバレエをはじめてはや数年・・・。いつからはじめたか忘れてしまいました・・・・。凹んだり、勘違いしたり、調子にのってしまったりの日々を記録している日記です。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
"KAZU" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]