忍者ブログ
レッスン日記とか、スケートだったり、食べ物だったり・・・。 バレエ用語スケート用語間違っていること多々。
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11 
最近、掛け持ちどころかオープンレッスンに行く気力も、
無くなってきてます・・・。

時々、同じ地元町内に教室ができたら妄想をして、
また掛け持ちも良いかな・・・と思うのですが(今は掛け持ちしていません。)

もし女王様がいたら・・・と思うと、
やはり今の教室のみでいいや・・・と思うのです…。
もうそういうのに気を遣う気力がなくなっているのです。

ただ新しく入ってきた人がいて、
以前の私のような思いをする人がいないように、
スケートでもバレエでも自然体で接したい・・・と思います。
 気を使いすぎて失敗も、あった気もするので・・・。

PR
最近、レオタじゃなくてウォームアップ系が欲しい病にかかってます・・・。

Eleveで今度は下(タイツ)を作りたくて…。
でも柄が入ると太くなるのでは!とか、
黒だったら、オーダーする必要ないのでは・・・とか考えるのです。

でもeleve・・・。
多分メッシュ柄生地でタイツ作れるのですよね・・・。
これダンサーが着てたらかっこよいのではと思うのです…。

私は、ムムム・・・。
レオタと脚の境目が見えるの嫌なので、
やはり普通生地でオーダーかな・・・と思うのです…。
あとウェスト部を柄有にするとか・・・。

セレクト妄想は楽しいですけど、いざ着てみたら残念ってなったら悲しいので、
よくよく吟味が必要です。



食べ過ぎて、眠たくなった状態でレッスン参加してしまいました…。
食べ過ぎはレッスンの敵ですね…。

最近、レッスンの質をよくするには間違いなく、
レッスン前には軽食にすることが重要に思えます…。
以前、私ではないですが、
ピアノの発表会開始前に、
天丼を食べてお腹いっぱいにした状態で本番を迎えたら、
胃袋にエネルギーがいきすぎて、
残念発表会にしてしまった失敗談を聴きました、


ピアノの先生は「芸術は精神的にも胃袋的にもハングリーじゃなきゃダメです・」
というのです…。
食欲を学びたい意欲よりも抑えてほしい…と。


お皿を空にする癖があるので、お皿に盛る量減らさなきゃですよね…。




以前、脚を前後、交互に入れ替えるパが苦手と書き、
ドンキのキトリのvaが難しい最終形態では?と書いたのですが、
キトリの友人のVaでした…。

29.10秒あたりの友人の踊りです…。
前に脚をグランジュテしてる振りです…。
どうやっているのかさっぱり分かりません…。

でも素敵ですよね…。

一度応用教室のセンターでこの前に脚を出すやつだけやりまし
たが、先生の説明も理解できず…もちろん止まりましたです…。
レッスン。
全てダメダメだと思うときもあれば、
調子よくできる時もあります・・・。
でもこの調子良いという状態…。
あまり続かなくて、気のせいだったのでは…と思うことも多々あります。

調子よい日のレッスンは、
バレエにちょっと近づけた…と思ったら、
次の週には、調子にのっておりました…、一からやり直します…と、
土下座したくなります。

最近気づいたのですが、この波ってお腹の部分からきている気がします←(私は…。)
つまりお腹の部分がぼんやりしていると、
いろいろと厳しい感じな気がします。


女子の日というか…。
これになる前はわりと好調なのですが、
これになってからわりと二週間ほど調子が悪くなって、
あああ…調子にのっておりましたと思うのですよね…。
引き上げを忘れる?とにかく謎です…。

 
eleve…。
セールのメールが届き、
オーダーした物が届いた矢先から、
ポチッとしてしまいました…。

来シーズンのスケートウェア…。
やはりファブリックから柄を選ぶの楽しいです…。

この楽しさと物が届くのを心にとどめて、お仕事乗り切ろうと思います。
土日ぼんやりし過ぎてバレエが抜けます…。

本当にバレエって普段しない動きばかりで、驚きます…。
例えば左右の脚を入れかえて前にジュッテとか…(後ろも)。
プリエアラベスク、左右脚入れ替えて後ろにジュッテとなるとアラベスクした時に、
ぼんやりしてしまって次の入れ替えができません…。

ドンキのキトリのVaで前に脚を入れ替えるパも似た系統で私には難しいです…。
(これが難しい最終形態か…。)
とにかく左右の入れ替えでドタバタした感じになってかっこ悪くなってしまいます…。
腰も落ちた感じになるし…。

バレエ初心者の時に、腕を背中にまわして組むというストレッチが組み込まれていて、
組めないし左右の差がはげしくて楽しいけど苦しかったです…。

 
今回ポゴリラヤ選手のSPの時で、
荒川さんがポゴ選手の腕の可動域が広いので長く見える的なこと言ってましたよね。
まりんちゃんにも言っていたのを思い出します…。
まりんちゃんの場合は二の腕も細くて余計長くみえます…。
荒川さんも二の腕細くて、可動域広いのでは…?と思うけどどうでしょう…?


どちらかが満たしていると長く見えるということです…。
二の腕細くする…。
腕の可動域を広くする…。
どちらが可能だろうか…。
どちらも私には無いので…どちらが容易なのですかね?
どちらも…厳しいか。
でもこれから腕を組むのと二の腕細くなるストレッチを組み込もうと思います。
 

バーでのグランプリエの時、
きちんと床を踏んでいるか…。

特に親指の付け根で床を感じているかと言ったら、
親指の付け根で床を押さえていない気がします。
なぜ離れてしまうか…。この理由は膝を横にして開こうと思うと、
それに連動してか足裏が逃げてしまう気がします…。


親指の付け根、小指の付け根、踵の3点で床を押した状態でプリエをこころがけていくと、
開けないですが、より負荷というか、正しいプリエの方向なのでは・・・と思うのです…。

もっと意識したバーをしていかなきゃと思いました…。

脚の1番ポジションがバーでもセンターでも鏡でみて、
開いてないよね…とショックを受けるぐらいに開いてないです…。
今さらなんですけど、
ふとセンターで鏡を観ると6番ぼんやり…みたいな感じです…。
でも足先ばかり1番つくってもセンターで動けないのですよ…。

そして何度も言いますが骨盤から生える私の脚は前のほうに生えてる感じがするのです…。
お尻しめて脚の付け根回して全てを総動員しないとアンドゥオール1番にならない…。

アンドゥオールっていろいろな身体の部位を感じれるようになったらできるんですかね…。
遠い道のりだけど、昨日の1番ポジションより今日の1番ポジと思って意識するようにします。



カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 7 8 9
10 12 13 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新コメント
[10/16 kazu]
[12/08 kazu(ブログ人)]
[12/08 ozakazu(ブログ人)]
[11/23 lulu]
[02/12 ozakazu(ブログ人)]
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
KAZU
年齢:
12
性別:
女性
誕生日:
2005/06/12
職業:
ぼんやり事務員
趣味:
バレエ
自己紹介:
20代後半からバレエをはじめてはや数年・・・。いつからはじめたか忘れてしまいました・・・・。凹んだり、勘違いしたり、調子にのってしまったりの日々を記録している日記です。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
"KAZU" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]