忍者ブログ
レッスン日記とか、スケートだったり、食べ物だったり・・・。
1  2  3  4  5  6  7  8 

バレエ初心者の時に、腕を背中にまわして組むというストレッチが組み込まれていて、
組めないし左右の差がはげしくて楽しいけど苦しかったです…。

 
今回ポゴリラヤ選手のSPの時で、
荒川さんがポゴ選手の腕の可動域が広いので長く見える的なこと言ってましたよね。
まりんちゃんにも言っていたのを思い出します…。
まりんちゃんの場合は二の腕も細くて余計長くみえます…。
荒川さんも二の腕細くて、可動域広いのでは…?と思うけどどうでしょう…?


どちらかが満たしていると長く見えるということです…。
二の腕細くする…。
腕の可動域を広くする…。
どちらが可能だろうか…。
どちらも私には無いので…どちらが容易なのですかね?
どちらも…厳しいか。
でもこれから腕を組むのと二の腕細くなるストレッチを組み込もうと思います。
 

PR
バーでのグランプリエの時、
きちんと床を踏んでいるか…。

特に親指の付け根で床を感じているかと言ったら、
親指の付け根で床を押さえていない気がします。
なぜ離れてしまうか…。この理由は膝を横にして開こうと思うと、
それに連動してか足裏が逃げてしまう気がします…。


親指の付け根、小指の付け根、踵の3点で床を押した状態でプリエをこころがけていくと、
開けないですが、より負荷というか、正しいプリエの方向なのでは・・・と思うのです…。

もっと意識したバーをしていかなきゃと思いました…。

脚の1番ポジションがバーでもセンターでも鏡でみて、
開いてないよね…とショックを受けるぐらいに開いてないです…。
今さらなんですけど、
ふとセンターで鏡を観ると6番ぼんやり…みたいな感じです…。
でも足先ばかり1番つくってもセンターで動けないのですよ…。

そして何度も言いますが骨盤から生える私の脚は前のほうに生えてる感じがするのです…。
お尻しめて脚の付け根回して全てを総動員しないとアンドゥオール1番にならない…。

アンドゥオールっていろいろな身体の部位を感じれるようになったらできるんですかね…。
遠い道のりだけど、昨日の1番ポジションより今日の1番ポジと思って意識するようにします。



東北の震災からもう6年も経ってしまいました…。
あの時も私はレッスンに行ってました…。
海岸線の道を通っていたので、津波注意の車が走っていたのを今でも覚えています…。

少しづつレッスン事情も変わり、
その道を通ることもなくなりました…。
遠くてもセンター止まっても大人のお荷物さんになっても、
その先生のレッスンを受けたい…と思う教室でした…。
なので毎年、この時期になるとその教室を思い出します…。
私の宝物です…。

先週は家族に一人インフル患者が出て、
菌、移ったかも…と思いドキドキしてお医者に行ったのですが、
セーフでただの風邪でした…。

レッスン・・・。
インフルじゃないしマスク姿なら・・・と思ったけど、
休みました…。
風邪でもうつるし、途中でついていけなくなることを考えたら、
休みことも大事ですよね…。
月のレッスン回数・・・どんどん減っていてます…。
回数じゃなくて質と思う気持ちもあるけど、
やはり回数いくとセンターが覚えることができます。

来月は春だしレッスン強化月間にしようと勝手に決めました…。

新しいレオタがどんどん発表されてますね…。
今年もどんなレオタをポチっとしているのか自分でも、
想像できません…。
言えることは、
きっとレオタをポチってる…。

なぜかユニタ欲が少し治まりました…。
↑すいませんユニタ欲、治まったのは違ったモノ、
ポチったためです…。

物欲には物欲・・・。




昔使った画像を再度使う人間です…。
私は…。

後ろのパッセ?でバー片手のバレエ女子たち…。
この軸でバランスで、
センターで、片足になったり、ピルエットできればうれしいのですが、
センターになると忘れてしまいます…。

ただ、
 
 
↑Wearmoreの画像です…。
このバランスが少しわかってきました…。
感覚としては上半身を少し前におくる…感じです…。
レッスンしていない時のレッスン妄想は危険です…。

もっと動ける気がするのに、
いざレッスンになるとボロボロで、
やっぱり現実は厳しい…と思うのです…。
 
ボロボロを少しでも、
ボロ…にするためにレッスンに通って先生に教えを乞うわけなのです…。
やはり最後にはレッスン頑張ろう…となります。

↑あああ。でも私が学生から社会人になった時も、
ほんと、いろいろ通用しなくて、
学生時代はぼんやり妄想状態で生活できたけど、
いざ社会人になると厳しいな…と思いました。
自分のしてる妄想より現実は厳しいので、
心の奥底に妄想をとどめる時も必要だと腹をくくりました。


私は、社会に出てから現実の厳しさに涙したけど、
子供ころからバレエやスケートクラブで厳しさを経験していると、
きっと、どこでも通用する人になれると思います…。
レッスンに参加すると、
レオタ欲しい病は薄れ、
レッスンが大事なんじゃーーーと思うけど、
レッスン終わってぼんやりすると、
レオタ欲しいなぁとなります…。

今、YUMIKOでユニタードカスタムするか、
eleveでNEW型でカスタムするか悩んでます。


リンクばかりしてごめんなさい…。

YUMIKOユニ
インスタにとぶのですが、
かっこよいですよね…。
これは染め染めバージョン・・・。
ちょっとお高い目らしい…。

新型
NEWファブリックが出ていてそれもすごい誘惑・・・。


今のところYUMIKOユニタード欲しいが強いのですが。
東京に行く機会を作ってYUMIKOでユニを試着したいと思ってます。
もも部分、Lサイズにしても入らなかったら悲劇ですので…。
  
これってリンバリングでしたか?

名前忘れてしまいましたが、最近気持ちよくバー を使ったストレッチができるようになりました。
(画像は窓の縁を使うバージョン・・・。美しいですね。)

こんな美しい感じにはなりませんが、
気持ちよく、いろいろ伸ばせてます。
特に気持ち良いのは、
後ろにそるストレッチです…。
イメージは腰からポキッとな・・・です。
以前は後ろに転げ落ちたらどうしよう…という恐怖があったのですが、
軸足が床を掴んでいる気がするので安心して反ることができます…。

でも応用教室でやっていた足を掴んでY字になって後ろに足をながすのは、
見た目苦しげでやっぱり苦しいです…。
あれもできるようになったら嬉しいだろうな…。
地道にやろう…。


カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
4 5 7 8 9 10
11 13 17
18 19 20 21 22 24
25 27 29 30
フリーエリア
最新コメント
[10/16 kazu]
[12/08 kazu(ブログ人)]
[12/08 ozakazu(ブログ人)]
[11/23 lulu]
[02/12 ozakazu(ブログ人)]
最新記事
最新トラックバック
プロフィール
HN:
KAZU
年齢:
12
性別:
女性
誕生日:
2005/06/12
職業:
ぼんやり事務員
趣味:
バレエ
自己紹介:
20代後半からバレエをはじめてはや数年・・・。いつからはじめたか忘れてしまいました・・・・。凹んだり、勘違いしたり、調子にのってしまったりの日々を記録している日記です。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
"KAZU" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]