忍者ブログ
レッスン日記とか、スケートだったり、食べ物だったり・・・。 バレエ用語スケート用語間違っていること多々。
1  2  3  4  5  6  7  8 
休日、演奏会に行ってました…。

生の演奏を聴いていたら妄想が膨らんできて、
自分怖い!…というかキモイ…と思ったけど、
一緒に鑑賞した知人も劣らず、
千秋君(漫画)みたいな子がいた…や
指揮者が若くていろいろと素敵で恋してしまいそうでした…や(私、これに近い感想)
オケから生気を取った気がする…とか、
言ってたので安心しました…。

それにしても演奏すばらしすぎました…。
もう生気チャージで仕事がんばれますと言った感じです…。
PR
今週の「Dr倫太郎」。
倫太郎とワンコの会話…。
「弥助のお母さんどんな(ワンコ)だったのかな~?」
ワンコをわしゃわしゃにしながらのセリフ、
私にはとてもツボでした…。
ほんわかシーンからあきらママの登場…。
あきらママのセリフが倫太郎のワンコわしゃわしゃシーンを思い出させて、
ドキリ…とします。
ギャンブラーあきらママにあの言動は精神科医としてはどうだったのかな?
来週その言動について何か話のつながりがあるかな…?
モンスターには何言っても無駄な気もするけど…。
医者や芸者さん…。遠い世界だけど面白い。

堺雅人いい仕事しなさる…。
あと蒼井ゆうさん…。
ひきつけられる…。
このドラマ、主役の堺雅人さんも、蒼井ゆうさんもものすごく、
演じるの難しいのでは…と思ったりします。
日本のドラマで唯一観てるのが、
「Dr倫太郎」です…。
4話目はダンサーさんが患者さんでしたね…。
子役のさみしげな感じもよかよか…。
 
 
患者ダンサー役はバレエレッスンした…や、
子役はバレエレッスンしてる子を選んだとか、
あの倫太郎の助手とのパトドゥ振付は、
牧阿佐美バレエ団の協力ですよねーーーとか知りたい。
視聴中、どんなパトドゥになるか心配したけど、
歳相応な感じで、お母さんになんとか自分をみて、
キラキラしていた時のお母さんに戻ってほしい…といった思いで、
踊っていると思ったらよい感じじゃないですか!

本当は、ネットで詳しく調べたいところですが、
批判とかみると嫌なのでドラマみるだけでよしとします…。
 
普段観ているドラマにバレエが出てくると「おひょ!」とびっくりと喜びがまじります…。
バレエやスケートそのものを取り上げると、
(映画やドキュメンタリーじゃなくて、ドラマとしてプロのダンサーをめざす…や、
OPで金をとる…など、) 危険なつくりになる恐れがあるけど、
エッセンス的にいれると良いですよね…。

発表会疲れか自分レッスンはまったくせずに食べて寝てました。
そして時々映画鑑賞、展示会、
そしてピアノコンサートに行ってきました…。

食べ寝中心かと思ったら、けっこういろいろ行っていたような…。
でも映画も半分寝ていたし、やはり食べ寝中心と言える気がします。

ピアノコンサートは寝なかったよ…。
でも知っている曲が一つもない状態で、
惹きつける演奏者すげーーーと思いました。


フールで、「ホワイトカラー」が配信されてました…。
ニールがかわいい…。

先週は、兄弟かわいい…と言っていたのに…。
今週は、パーク捜査官になつくニールがかわいい…。

でもニール役の俳優さん…。
じーーーとみていると、ちょっとやばいです。
素敵です…。
詐欺られてしまいそうですよね…。

昔、給料一か月分詐欺られたことあるので、
(もちろん警察に届けましたよーーー。
今思い出しても腹が立ちます…。)
 
仕事とレッスンとリンク等の定番コースしか行かない方がよいかもしれない…。
昔から海外ドラマが好きなのですよね…。

子供のころ観た「俺がハマーだ!」が、
とても楽しかったので、その影響かもしれない…。
主人公、今考えるとキチガイ一歩手前で、
米ものなのに、女の影が一つもなかった珍しいドラマだった気もします…。

そして今、みてるのは「スーパーナチュラル」です…。
オカルトものだけど、主役の兄弟達がかわいく思えてきましたよ…。
お金まわり悪そうなのに、あんな燃費の悪い車のって…!とか、
兄のだらしなさとか、弟のがんばっているけど、
時々よわよわしてるところとか…かわいいなぁーーと思うのです。
あと、いつもは普段着、ジーンズにださっぽいファッションだけど、
スーツ族になると、パリっとしててかっこいい…。
この差も良いです…。
このドラマ、今の生活の活力になってますよ…。 

スタッフや、出演者の皆さん。
楽しいドラマをこの世にだしてくれてありがとうーー状態です。
TWD2月までのお休み中のさみしさを解消してくれるのは、
パーソン オブ インタレスタとホワイトカラーだったりします。

パーソンはストーリーも、ハラハラドキドキ展開で、
目を離せませんが、ハロルド役のマイケル・エマーソンさんの声がすばらしくよい…。
聴いてて癒される声です…。

ホワイトカラー…。
これを言ったら、だいぶ違うとつっこまれますけど、
ニール(FBIのマスコットキャラ)≒のだめ(RSオケのマスコットキャラ)のよう…。
最近、そんな風にみえてきた…という私の妄想です…。



TWDシーズン5前編最終回観ました…。

ベ…ベスが…銃弾に倒れました…。
いつかはこの日がくると思ってました…。
 
私としては、ダリルのベスを失った時の表情で、
大事な存在だったのだ…と納得できたのでよかったです…。

それにしてもリック組どんどん初期メンバーが、
いなくなってさびしくなりました…。
でもその寂しさも、次のお話へとつながっていくんですよね…。


話はずれるというか、最終回のもっていきかたですが、
「明日のジョー」は梶原一騎さんの原作だと、
葉子の自宅でくつろぐジョーで終わる予定だったとのこと。
でも、ちばてつやさんや杉野昭夫さんの作画では絶対考えられませんよね…。

お気に入り人物がフェイドアウトしてしまうのは、悲しいですが、
やはり作品世界を壊したらその人物も生きませんよね…。
バレエってよいですね。
スケートってよいですね。
映画ってよいですね。
米ドラマってよいですね。
アニメってよいですね。

そして漫画ってよいですね。
「3月のライオン」よみました…。
桐山君…思い切った決断…。
びっくらしましたよ。

桐山君の育てのお母さんのお話も、
よかったです。

主人公が不幸すぎるとリアリティがなくなるというか、
私たちと隔世を感じるけど、
原作者の物語に引き込む力、題材にする世界を徹底的に調べて、
そしてその世界を大事にする姿勢。
つまりセンス。
本当に素晴らしいですよね…。

あと「ハチクロ」でも思ったのですが、
終わりが、もうなんとも言えない満ち足りた最終回…。
終わり期待してますと書いたら登場人物に会えなくなるから、
さびしいけど「3月のライオン」もきっと満足するのでは…と思います。


協奏曲コンサートを聴きにいきました…。
何を語ればよいか分からなくなりましたが、
演奏者が、同じ人間とは思えなくなりました…。

もう指がすごい繊細にふわふわ動くのですよ!
手元がキラキラしてました!
チャイコの協奏曲だったのですが、もう曲じたいかっこいい!
私、最初のはでな部分だけヨウツベさんで、聴いてひたっておりました…。
でもでも全編かっこいい…。ストーリーがありまするよ。
そしてオケ…弦楽器かっこいい…。

…で思ったのは同じピアノやっているとは思えなくなってしまいました…。
…これが神格化というやつでしょうか…。


でもでも私たち、大人からの人はすばらしい演奏を聴いたり、公演みたり、ショーみたり、
同じようにバレエ習ったり、スケート教えてもらったりは
その人類を超えた英知というか財産を少し、
おすそ分けしてもらっているのではないかと思います…。

バレエでローテンションになることあったけど、忘れたーーー。
カレンダー
05 2018/06 07
S M T W T F S
1
3 5 7 8 9
10 11 12 14 15 16
17 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[10/16 kazu]
[12/08 kazu(ブログ人)]
[12/08 ozakazu(ブログ人)]
[11/23 lulu]
[02/12 ozakazu(ブログ人)]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
KAZU
年齢:
13
性別:
女性
誕生日:
2005/06/12
職業:
ぼんやり事務員
趣味:
バレエ
自己紹介:
20代後半からバレエをはじめてはや数年・・・。いつからはじめたか忘れてしまいました・・・・。凹んだり、勘違いしたり、調子にのってしまったりの日々を記録している日記です。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
"KAZU" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]