忍者ブログ
レッスン日記とか、スケートだったり、食べ物だったり・・・。
1  2  3  4  5  6  7 
アニメで、バレエ・スケートの再現はできぬ…と書きましたが、
バレエでもありましたよ…。
「プリンセスチュチュ」
多分10年以上前に制作されてバレエが主のアニメなのですが、
なかなか奥深くて素敵なアニメです…。
一話一話バレエの演目が取り上げられていて、
とっても素敵です…。
バレエの動きというより、ストーリーがとても魅力的なのです…。
これは小さなお子様にお勧めできるアニメです…。

「ユーリ」は正直、ちょっと人を選びますよね…。
でも私は楽しんでます。
PR
今日からTWDのシーズン7がFOXチャンネルで放送されるはずです…。

シーズン6の最終回はきつかった…。
むごい・・・(TOT)…。
思えばシーズン3や4はまだ良かったかも…。
 
振り返ると、マギーのお父さんがいて、
主人公リックもトマト作っていたなと…。

ダリルのお兄さんも生きてて、わりと知的で、
ちゃんと教育受けてたのねーーー。
どこで道を誤ったのか…とか妄想できたり…。

毎シーズン辛いけど、
マギー妊婦なんだからもっと落ち着いた環境じゃないと、
流産しそうでハラハラしますよ…。
7はラッキー7…。
少しでも環境が良くなって欲しいと思います。
ラストシップ、シーズン2最終回まで観ました…。

私は米ドラマ好きなのですが、
今まで観た中で気持ち良い妄想に浸れるドラマ…、No1は
「パーソン・インタレスト」です…。

ハロルドの新しく手掛けるカンパニーで雇われる人間となることを妄想すれば、
なんかすごい幸せな気分になります…。
でも死亡者リストに入るのは嫌なのでそこだけ部分妄想をします。

NHKで「マスケティアーズ」始まりました…。
吹き替えだと物語に入ってきやすいと思いました…。
一度字幕で観たときは、そこまで物語に入りこめなくて、
2話目までいかなかったのですよ…。

リシリュー枢機卿役の声優さん、悪役やらせたらピカイチですね…。
 アラミスは珍しく女たらしでした…。
(通常は神職者っぽいのに…。)
ダルタニャンは血気さかんな青年…。
アトスはやっぱりリーダー的な感じ。
銃士ものはよいですね…。

でも最近みた銃士の映画(オーランドブルームが悪役だった)は、
私には、ちょっと合わなかったです…。
連休中、コンサート2つ観賞予定でしたが、
1つにしぼりました…。

以前は、思いさえあれば、割とどこへでも跳んで行って、
ブログにコンサート行ってきました♪と書けたけど、
今は心身が疲れた状態です。
車の運転がやばい気がします。
これ、なんでしょうね…。

こんなこともあって、
友人に迷惑をかける気もするので、
私が運転手で…っていうのは、最近無しにしてもらってます…。
治ればいいけど、時間かかりそうです。
花咲2も、欠かさずにみてます。

ヤフトピで水戸黄門的な気持ちよさがうけてる…と書いてありましたが、
確かに黙りません!ってところが面白いですが、
やはり銀行のシステムとか、
お金にまとわりつくいろいろとか組織とか人間関係などが面白い気がします…。
職業が事務系の人はけっこう興味深くみれる内容じゃないかと思います。
それか仕事を思い出すといって観ないか…。
(妹はそんな理由で観なかったのですが一度観ると、面白い…と言っておりました。)
休日、演奏会に行ってました…。

生の演奏を聴いていたら妄想が膨らんできて、
自分怖い!…というかキモイ…と思ったけど、
一緒に鑑賞した知人も劣らず、
千秋君(漫画)みたいな子がいた…や
指揮者が若くていろいろと素敵で恋してしまいそうでした…や(私、これに近い感想)
オケから生気を取った気がする…とか、
言ってたので安心しました…。

それにしても演奏すばらしすぎました…。
もう生気チャージで仕事がんばれますと言った感じです…。
今週の「Dr倫太郎」。
倫太郎とワンコの会話…。
「弥助のお母さんどんな(ワンコ)だったのかな~?」
ワンコをわしゃわしゃにしながらのセリフ、
私にはとてもツボでした…。
ほんわかシーンからあきらママの登場…。
あきらママのセリフが倫太郎のワンコわしゃわしゃシーンを思い出させて、
ドキリ…とします。
ギャンブラーあきらママにあの言動は精神科医としてはどうだったのかな?
来週その言動について何か話のつながりがあるかな…?
モンスターには何言っても無駄な気もするけど…。
医者や芸者さん…。遠い世界だけど面白い。

堺雅人いい仕事しなさる…。
あと蒼井ゆうさん…。
ひきつけられる…。
このドラマ、主役の堺雅人さんも、蒼井ゆうさんもものすごく、
演じるの難しいのでは…と思ったりします。
日本のドラマで唯一観てるのが、
「Dr倫太郎」です…。
4話目はダンサーさんが患者さんでしたね…。
子役のさみしげな感じもよかよか…。
 
 
患者ダンサー役はバレエレッスンした…や、
子役はバレエレッスンしてる子を選んだとか、
あの倫太郎の助手とのパトドゥ振付は、
牧阿佐美バレエ団の協力ですよねーーーとか知りたい。
視聴中、どんなパトドゥになるか心配したけど、
歳相応な感じで、お母さんになんとか自分をみて、
キラキラしていた時のお母さんに戻ってほしい…といった思いで、
踊っていると思ったらよい感じじゃないですか!

本当は、ネットで詳しく調べたいところですが、
批判とかみると嫌なのでドラマみるだけでよしとします…。
 
普段観ているドラマにバレエが出てくると「おひょ!」とびっくりと喜びがまじります…。
バレエやスケートそのものを取り上げると、
(映画やドキュメンタリーじゃなくて、ドラマとしてプロのダンサーをめざす…や、
OPで金をとる…など、) 危険なつくりになる恐れがあるけど、
エッセンス的にいれると良いですよね…。
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 5 6 7
8 9 10 12 14
15 16 17 18 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[10/16 kazu]
[12/08 kazu(ブログ人)]
[12/08 ozakazu(ブログ人)]
[11/23 lulu]
[02/12 ozakazu(ブログ人)]
最新記事
(10/20)
(10/19)
(10/13)
(10/11)
(10/04)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
KAZU
年齢:
12
性別:
女性
誕生日:
2005/06/12
職業:
ぼんやり事務員
趣味:
バレエ
自己紹介:
20代後半からバレエをはじめてはや数年・・・。いつからはじめたか忘れてしまいました・・・・。凹んだり、勘違いしたり、調子にのってしまったりの日々を記録している日記です。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
"KAZU" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]