忍者ブログ
レッスン日記とか、スケートだったり、食べ物だったり・・・。 バレエ用語スケート用語間違っていること多々。
1  2  3  4  5  6 

ウォーキングデッド5が、日曜日に放映されます!

ベスは登場するのか?
コンテナハウスのダリルとリックたちは、大丈夫か?とか…。

我慢できなくてあらすじ、読んでしもうた…。
世の中、ダリルとキャロルの需要の方が高いようで…。
もう一度4の「本音の杯」を観て、ときめきをワンスモアしようと思います。

ところで、


PR

「リトルダンサー」実話的映画…。
労働者のお子がバレエの道に進むお話です。
映画って何度か観てると、感想変わってきますね…。

この映画も最近観なおしたのですが、
主人公のお兄さんと父親(禿げててもいけおっさん)がなぜか無駄にかっこいいのですよ…。
そして女子パワーがこの映画には低い…気がしました…。
 
最近の英ドラマでも同じ香りがします…。
シャーロックとか…。
サバイバーとか…。
両方とも魅力的な男性キャラが多いですよね…。
女性はどちらかといったら、頭がさえてて交渉力があるけどおばさん…。
これって視聴者女子に夢みさせるために、女性出演者の存在感をなくす戦法なのですかね…。

 私自身、主人公よりもお兄さん、おとっつあんの登場を楽しみにしてました…。
そして最後のアダム・クーパーと。

今、センターステージというバレエ映画を視聴中なのですが、
 劇中にあますこととなくバレエシーンやダンスシーンがあって、
一番好きなバレエ映画なのです、
(しかもイリア様が出演されてます。)

そしてイーサン・ステフィール(クーパー)というスーパースターのバレエシーンは、
圧巻です…。
そして動きの質や俺様(ストーリー上)なところプル様に少し似ているのでは…と思ったら、
プル様=クーパー(妄想)で、映画みれるようになりました…。
イリア様もいるし…。
(ヤグはいないけど。)

待っている彼女(恋人)を、「よおっ」て声をかけて違う女子とお帰りあそばされる、
シーンなんて、プル様!なんて冷たい!
とか思えて、ドキドキきます…。



(これは指導動画ですが、映画での最後のダンスシーンなんぞが似ているのではと思いました。)
TWDシーズン4終わってしもうた…。
さみしいのでシーズン3見返してますが、新たなる萌が…。

シーズン3…。
メルルの立ち位置に正直萌え萌えきました…。

ハーシャルの会話から、けっこう学がありそうだったり、
軍隊あがり?つぶれ?だったり…。でも悪党。

ミショーンとの会話で、メルルの人となりがすこし深くなった気がするのですよ…・
ダリルが「俺の兄貴は最強だぜ!」って言う理由も納得したし…。
シーズン3も改めておもしろい…と思ったのでした。 

ディクソン兄弟めが…。
やりおるのう…。

ガイドブックとか出してほしい…と思いました。
観てたらやばい…気分になりました。
萌展開から命を大切に…。
FOXでまたまた、ウォーキングデッドの最新話みたけど、ときめいたよ…。
シーズン4(後半)はほんとに女子におすすめ…。怖いけどすっごいトキメくよ。
↓からネタバレ。
ウォーキングデッド…スカパのFOXチャンネルでみてます…。
兄は、ゾンビものは初代3部作で十分といってたけど、
初代より好きです…。

 
怖くて観れない…という人は、すごい特殊メイクアップ技術さすがだよね…と、
思って観れば怖さ半減して観れるかもしれない…。
あとキャラが魅力ですよね…。
長いお話だから、子供は少しづつ成長してるし…。
ダリルとリックはかっこよいし…。

12話のダリルとベスの会話よかったよ…。
いつもはらはらドキドキしてみてるけど、
なんかジーンときました…。
人間関係ドラマもあって男子どころか女子も満足な出来になっていると思います。

女子の妄想ラインに突入しそうな感じになりました…。

映画を観ました・・・。久しぶりに…。
「コクリコ坂から・・・」よかったよ。よかったよ…。
さわやかで…良いですね。
カルチェラ館の研究会が楽しそう…。
主人公の住んでいるお家も素敵。
夕暮れのコロッケも良い。
送別会も素敵だった。

なんとなく「ガラスの仮面」のマヤが演った「通り雨」を思い出しました…。
バレエ映画の私の中のカテゴリー
1、バレエ知らなくても楽しめる映画・・・ファースト・ポジション、リトル・ダンサー、センター・ステージ、小さな村の小さなダンサー
2、バレエ知ってたらもっと楽しい映画・・・パリ・オペラ座のすべて、バレエ・リュス
3、怖いバレエ映画&不思議バレエ映画・・・ブラック・スワン、オーロラ

久しぶりに「リトル・ダンサー」をみました…。
いい映画でした・・・。(しんみり・・・。)

この映画にはまた別の楽しみがある気がします・・・。
ロイヤルに入学した後、ビリーは苦労しただろうな・・・と妄想したり、
兄とパパが一生懸命働いて、最初仕送りしてたけど、
ビリーがなんらかの賞をとって奨学金もらって、
ダンサーのスタートとなったり・・・←これも妄想。


友人に「リトル・ダンサー」面白いよ・・・と話したら、
「英留学中に、アダム・クーパー(クライマックスに出演するダンサー)よく観に行ったよ・・・。」
と思い出を話してくれました・・・。
なんと贅沢な!
ミュージカル映画「レ・ミゼラブル」の予習のためミュージカルじゃないレ・ミゼ鑑賞中ですが、
原作者のユゴーすごいーーー。
おもしろいーーー。

物語自体にすごいひきこまれるのです・・・。
善や悪。道徳心や愛・・・。
あらすじを追うと暗い話だとおもいますが、なにか心にさわやかな風が吹き抜けるのです・・・。
勇気やポジティブなエネルギーというか・・・。

あと映画での楽しみ・・・衣装・・・。
男性ロングコート・・・。ジャン・バルジャンのロングコート姿にときめきを感じました・・・。
あと脚本・・・。セリフ・・・。(翻訳されてるけど・・・。)
いい・・・。

衣装は、21日公開のレ・ミゼでも楽しめますよね・・・。
ジャベール警部がラッセル・クロウとなって、わーー合う!と思ってしまったのが、
今回のミュージカル版の印象です。

原作翻訳したのを昔、読みましたがまた手に取りたくなってきました・・・。
昔読んだときは、最初の100Pの銀の燭台が山でした・・・。
その後はあっという間に読了でした・・・。
当時と違って感想は変わっていると思います・・・。
カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 10 11 12
13 15 17 19
20 21 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[10/16 kazu]
[12/08 kazu(ブログ人)]
[12/08 ozakazu(ブログ人)]
[11/23 lulu]
[02/12 ozakazu(ブログ人)]
最新記事
(05/23)
(05/22)
(05/18)
(05/16)
(05/14)
最新トラックバック
プロフィール
HN:
KAZU
年齢:
12
性別:
女性
誕生日:
2005/06/12
職業:
ぼんやり事務員
趣味:
バレエ
自己紹介:
20代後半からバレエをはじめてはや数年・・・。いつからはじめたか忘れてしまいました・・・・。凹んだり、勘違いしたり、調子にのってしまったりの日々を記録している日記です。
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
アクセス解析
"KAZU" WROTE ALL ARTICLES.
PRODUCED BY SHINOBI.JP @ SAMURAI FACTORY INC.
忍者ブログ [PR]